第III部 わが国の防衛に関する施策
第2章 国際的な安全保障環境の一層の安定化への取組

今日の国際社会における安全保障課題は、一国のみで対応することがきわめて困難であり、わが国としても、地域あるいはグローバルな安全保障課題に対し、同盟国、友好国、その他の関係各国と協力して取り組むことが重要である。
こうした状況を踏まえ、「平成25年度の防衛予算の編成の準拠となる方針」において、わが国は、<1>アジア太平洋地域をはじめとする国際的な安全保障環境の一層の安定化を図るため、人道支援・災害救援その他の分野における各種協力、二国間および多国間の対話等をさらに推進するとともに、<2>大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散防止、テロ・海賊への対処、国連平和維持活動などの活動に主体的かつ積極的に対応するため、自衛隊による国際活動基盤の強化などに取り組むこととしている。
本章では、第1節および第2節で主に<1>の「アジア太平洋地域をはじめとする多国間安全保障協力・対話の推進」に関連する施策を説明し、第3節、第4節および第5節で主に<2>の「国際社会が協力して行う各種の活動への取組」に関連する施策を説明する。
(図表 III-2-0-1参照)

図表III-2-0-1 国際社会における防衛省・自衛隊の活動実績
第1節 アジア太平洋地域をはじめとする多国間安全保障協力・対話の推進
1 安全保障協力・対話、防衛協力・交流の意義と変遷

わが国では、従来から安全保障環境の改善に積極的に取り組んでいるが、近年、対話や交流は質的に深化し、量的に拡大している。具体的には、<1>相互理解の促進や信頼醸成に加え、協力関係の構築・強化の動きが加速し、<2>対話や交流の相手国が近隣諸国を越えてグローバルな広がりをみせている。また、<3>相手国によっては、単なる交流から具体的・実践的な協力を行う段階へと発展・深化してきている。さらに、<4>アジア太平洋地域における安全保障面での取組は、信頼醸成を主眼とした対話の段階から、域内秩序の形成や共通規範の構築といった具体的な協力の段階に移行しつつある。
このような情勢を踏まえ、防衛省としても、限られた資源を効果的・効率的に活用しつつ、国際社会における多層的な安全保障協力の進展に積極的に取り組んでいる。その際、各国・地域の特性を踏まえ、安全保障協力・対話、防衛協力・交流を戦略的に行っていくことが必要である。
特に、災害救援やテロ対策などの非伝統的安全保障分野において、全体的な協力感・協調感を醸成し、域内秩序の形成や共通規範の構築に向けた実際的・具体的な協力を進めることや、わが国周辺の国や地域において、わが国に対する対立感や警戒感をなくし、未来志向の視点で協調的・協力的な雰囲気を醸成して、二国間・多国間の場で積極的な協力を進めることが必要であり、防衛省・自衛隊としても、安全保障協力・対話、防衛協力・交流、共同訓練・演習を多層的に推進している。
(図表 III-2-1-1・2・3参照)
参照 資料535458

図表III-2-1-1 安全保障対話・防衛交流
図表III-2-1-2 対話、交流から協力へ
図表III-2-1-3 防衛協力・交流イメージ
 
前の項目に戻る      次の項目に進む